ジャックパーセル(青ひげ)のカスタムをしています

 

page

 

先ほどのブックカバーに引き続き、ジャックパーセル(青ひげ)のカスタムをしています。新品のジャックパーセルに革パーツを取り付けるわけです。
1-_1710903_1

 

ジャックパーセルの弱点

ジャックパーセルは本当に大好きな靴で、学生時代から履きつぶしては新しいものを買って…と繰り返してきました。汚れたらゴシゴシ洗って干せるのも良いですよね。時代によって、インソールなどかなり改良が加えられてきた感のあるジャックパーセルですが、相変わらずの弱点が存在します。

1.かかと部分が弱い
2.履くときにベロが落ちてしまう

1.に関しては、かかとの擦れる部分の布がだんだんと破れてきます。靴の内側ならまだ何とか履けますが、上部まで破れると途端にみすぼらしくなります。
2.に関しては、私のように靴ひもを解かずに脱ぎ履きするズボラな人だと分かると思いますが、ベロが落ちて履きづらいのです。

ということで去年個人的に手直ししたジャックパーセルを履きこんでみたのですが、これがとても具合が良いんです。
1-_1590916
1-_1590904

 

とても具合が良いので、ジャックパーセルのカスタムを商品化することにしました。商品化するにあたって、革パーツを2色にすることに。色は自然な生成りと、青ひげに良く合う濃紺です。
1-_1710919_1

 

パーツを目打ちして、白い麻糸で手縫いして縫い付けていきます。濃紺の革に白のステッチが映えますね。縫いながらやっぱり合うなぁと一人納得していました。
1-_1710921_1

 

うん、いい感じです。今日はこんなところで終了です。明日仕上げて撮影してみます。
1-_1710932_1

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA