2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

 

気温の変動が激しい為か7月に入ってからすこぶる体調が悪く、病院通いと断酒の開始など人生最大のトピックの多い月となりました。そうこうしているうちに7月も終わりそうです。
一昨日浅草・浅草橋エリアの革屋さんを見て回り、入谷でちょっとした会合があったのですが、すっかり風邪を引いてしまったようです。今日はだいぶ調子が戻ってきましたので、Oさんからご依頼いただいたフィアット・パンダキーレスリモコンカバーの制作を行いました。

 

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーとは?

今日作るリモコンカバーは2代目フィアットパンダのキーレスリモコン問題を解決するために開発しました。

リモコンの付け根のプラスチック部分が折れやすいので、折れてしまうとどうしようもなくなってしまうのです。

 

 

キャメルのキーレスカバー

キャメルの革を切り出して目打ちと穴あけを施します。青ステッチのご指定ですので、21番孔雀をセレクトして手縫いしました。

縫い上がったカバーのコバを仕上げれば完成になります。

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーが完成しました


 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください