紺のNOLTYカバーをつくる

今日は毎月の事務作業をようやく終えて、Sさんからご依頼いただいたNOLTY用のカバーをつくりました。

紺の革をカットする

ご指定がイタリアンソフトのネイビーですので、希望のNOLTYのB6サイズのノートから計算して革をカットします。パーツの切り出しが終わったら打刻と目打ちをしておきます。


ステッチを入れる

パーツが揃ったら手縫いを始めます。今回使用したのは六花リネン麻糸の#35(灰)で縫います。

しおりをつくる

カバーが完成したので同じ革で『しおり』をつくります。1枚革でシンプルなしおりです。こちらもカバーに合わせて六花リネン麻糸の灰でステッチを入れました。

NOLTYカバーが完成しました




春の足音

梅の花が咲き始めました。毎日寒い日が続きますが、確実に春が近づいています。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください