生成りの長財布1型のお直しをしました

 

今日は以前おつくりした長財布1型のお直しをいたしました。こんな感じで味のある飴色の長財布ですが…

 

このお財布はちょうど4年前におつくりした長財布で、使用革の切り替えを始めたばかりのころにご注文頂いた、思い出深い長財布になります。まっさらで新しい生成りのイタリアンハードに赤ステッチしたものです。こちらが当時の制作過程です。

 

長財布1型とは?

カードが6枚に、お札入が2か所のシンプルな手縫の長財布です。



 

制作過程

長財布1型の初期型です。折れ曲がる部分も飾りステッチが入っています。ここに施したラミー糸がほつれてしまいました。改めて4年ぶりに観察してみると糸も製法も少しずつ違って面白いです。


すべてのステッチを解いてパーツをばらします。ばらしたら少々荒れてしまったコバ(革の断面)を磨きます。

4年前に使用していたラミー糸ではなく、現在使用している六花リネン糸でステッチを入れていきます。

四方を縫い上げたら、革の合わせ目のコバ(革の断面)を紙やすりで綺麗に均してからコバ磨きを行います。

 

生成りの長財布1型のお直しが完了しました

これからもご愛用頂けると嬉しいです。



 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください