黒と紺のブックカバー1型文庫サイズをつくる

今日はKさんからご依頼いただいたブックカバー1型文庫サイズ2点の制作を行いました。

ブックカバー1型文庫サイズとは

文庫本用ブックカバーです。植物タンニン鞣し革に麻糸で手縫いを施したシンプルなつくりです。本の厚みにあわせて調整可能です。

制作過程

今回使用するのはイタリアンソフトのネロ(黒)とネイビー(紺)になります。ぱっと見は黒のようですが、ネイビーは深みのある青味が感じられます。並べると違いが判りますね。


ネロには黒、ネイビーには紺の六花リネン糸でステッチします。いつもは帯も一気に縫ってしまいます。が、今回は本の厚みによって帯の位置を変えるというご要望がありましたので、実際にご指定の厚みの本を差し込み、位置決めしてから進めます。



黒と紺のブックカバー1型が完成しました

ネイビーは2.3cmの厚みの本、ネロは1.3cmの厚みの本を差し込むと、帯がちょうど中間くらいに来るように縫いました。



旅を妄想する日々

いざ緊急事態宣言が解除されたとしても、1年もの間しみついた習慣は治りそうもありません。旅といってもベスパでトコトコと孤独なソロツーリングのイメージしかわかない今日この頃です。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください