2代目フィアットパンダのキーレスリモコンカバーをつくる

 

 

不思議と同じ時期に同じ注文があるもので、今日は2代目フィアットパンダのキーレスリモコンカバー4つをつくりました。早速レポートです。

2代目パンダのリモコン問題

2代目フィアットパンダのキーレスリモコンが、非常に壊れやすいというのは定番です。私は生憎パンダ2を所有したことが無いのですが、パンダだけでなく同じ時期に製造されたムルティプラのリモコンも同じものだそうです。

今回まとめて作ることにしましたので、各色パーツを切り出しました。生成り、紺、白、キャメルです。

それぞれ指定の糸でステッチしていきます。生成りには白、紺には青、白には黒、キャメルには青です。

縫い上がりました。

縫い上がったらリモコンを入れやすくするために、木の棒で革を広げて、コバ(革の断面)を磨きます。コバ磨きはいつものヘチマ磨きとやすり掛けを繰り返していきます。

フィアットパンダキーレスリモコンカバーが完成しました。
画像をクリックすると大きく開きます。

この商品は購入いただけます。

 

パンダのリモコンカバー作ってる時に、フィアットさんからクリスマス前に思いがけないプレゼントを頂きました。年末はこれで乾杯しようかと思います。
フィアット尽くしの一日でした。

Fiatブランドブックのお礼にと、ワインなどを頂きました。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)が投稿した写真 –

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください