冬の到来を感じつつ青ひげ改をつくる

 

朝晩と益々冷え込んできました。北埼玉名物の赤城おろしはまだ来ていません。本当に冷たい強風って困りますよ、寒さも倍になります。
のっけから大きな写真すみません。昨年の冬あたりから庭木の世話が増えてきました。自分で『くも舎園芸部』と名付けています。今の時期は庭の梅の木に小さな蕾が出来ています。これから厳しい寒さを耐えて来年にはポツポツと咲きます。そろそろ枝の剪定をしなくてはなりません。

黄色い菊もあちこち良く咲いています。これは食用菊でして、花びらを毟って軽く洗ったら、お湯でさっと茹でてポン酢で食べるとおいしいです。菊自体に味がそんなにあるわけでないですが、冬を感じる食べ物です。

庭仕事の話題はほどほどに…青ひげ改を制作しましたので制作過程をレポートします。

 

青ひげ改とは?

青ひげ改はキャンバススニーカーの定番『青ひげ(ジャックパーセル)』の弱点①かかと部分の破れ②ベロ部分の落ち込みを補うべく、革パーツで使い勝手や補強を施したスペシャル版『青ひげ』です。
青ひげ改開発のお話はこちら


青ひげ改100足記念の限定品 『青ひげ改百スエードモカシン』は在庫がサイズ26.5と27.5それぞれ1足ずつ販売中(¥18,360税込)です。
kumosha jack purcell upgrade suede

 

今回制作したのは青ひげ改2足です。

まずは生成りの革パーツを使った青ひげ改です。制作順序に特に意味はありませんが、最初にベロのループのパーツ縫い付けをしてから、カカトパーツの取り付けを行います。

白のジャックパーセルは履きこむとソールのカカトが削れてロゴも消えやすいんですが、踵の髭のロゴが素朴なプリントなのが良いですね。丁度ロゴのパッチの真上に生成りの革を縫い付けます。糸はいつもの白ラミー糸です。

次は紺の革パーツを使用した青ひげ改の制作です。紺も根強い人気があります。つま先の紺色のライン(スマイルと言うらしい)とカカトの紺色がセットになったかのような仕上がりになります。

 

 

こんな記事も読まれています。

  • kumosha jack purcell upgrade suede青ひげ改100足達成しました   先日おめでたい事に青ひげ改が通算100足に到達しました。販売開始は2016年の3月くらいですので、1年8か月かかりまし […]
  • 白い青ひげ改をつくる   12月に入ってから事務作業や業務外のことなどなど…に追われております。ひとりなので誰か助けてと言ってもしようがありませ […]
  • 青ひげ改『銀鼠』とペーターのかばんをつくる     昨日から今日にかけて青ひげ改とペーターのかばんを並行して制作しております。 まずは青ひげから。そ […]
  • 青ひげ改をつくる     昨日と今日はいつもより激しい風が吹き荒れまして、…ついに今借りている製作所の屋根の棟板金というもの […]
  • 青ひげ改をつくる     先日までの赤い手帳カバーから今度は『青』です。青ひげ改を作っています。 青ひげ改とは? 青ひげ […]
  • 青ひげ改をつくる   こまごまと色々な事を同時進行で進めています。一人でやっていることですので、たかが知れていますね。前もって公開することはあり […]
  • kumosha Jack Purcell custom青ひげ改とロービキ靴紐をつくる     風は弱まった一日でしたが、気温がグッと下がってきました。明日はもしかすると雪が降るかもしれないそうです […]
  • kumosha Jack Purcell black Leather Custom DIY黒い青ひげ改『黒ひげ改』をつくる     今日も引き続き青ひげ改の制作…と言いたいところですが、特注品の青ひげ改をつくることになりました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください