生成りの長財布1型プラスをつくる

 

本日からOさんからご依頼いただいている長財布1型の特注品の制作を開始いたしました。

 

長財布1型とは?

カードが6枚に、お札入が2か所のシンプルな手縫の長財布です。



 

制作過程

今回は全てのパーツをイタリアンハードの生成りで制作しますが、いつもと違うのはパーツの数です。『特注』といっても両側のポケット部分がカード挿しのバージョン。正式には製品として販売しておりませんが、このバージョンを長財布1型プラスと呼称しております。


こちら生成りのパーツを六花リネン麻糸の16番山吹色でステッチしていきます。

両側のカード差しパーツを手縫いしました。合計12枚のカードがさせます。

これらを1枚革にぐるりと縫い付けていけば長財布の形になります。最後に縫い上がったコバを磨けば完成となります。今日のところはコバのヘリ落としとヤスリがけで終了です。
明日コバを仕上げて完成したいと思います。



 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください