今何してる?

赤い耳つき肩かけカバンをつくる

またまた寒さが戻ってきてしまいましたね。一旦暖かくなってからの寒さは身に沁みます…さて、Kさんからご依頼の耳つき肩かけカバンの制作をスタートいたしました。

耳つき肩かけカバンとは?

くも舎の耳つき肩かけカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグになります。


制作過程

イタリアンハード、特注色の赤で制作となります。パーツを一つずつ手作業で切り出して形を整えていきます。切り出したパーツはそれぞれコバ(革の断面)磨きや穴あけ、打刻など進めていきます。



六花リネン糸の白でステッチします。まずは側面の耳から制作し、ベルトの縫い付けなど進めていきます。なんとなくこの段階でもカバンのイメージがわかってきますね。


かぶせ蓋を縫い付ければ本体は完成となります。あと少しです。

赤い耳つき肩かけカバンが完成しました





宣言解除まであと少し

解除されたからってコロナが収まったわけではないんですが、ベスパで旅に出なきゃなりません。それを楽しみに生きているようなものです!

こんな記事も読まれています。