シボ革のトートバッグ業務型SLをつくる

 

今日はTさんからご依頼いただいたトートバッグ業務型SLを作りました。

 

トートバッグ業務型SLとは?

トートバッグ業務型SLは、タフな扱いにも耐えられるよう、水・汚れ・傷に強くて柔らかい、クローム鞣しのシボ革を使用したシンプルなトートバッグです。沢山の道具を放り込めるようマチも大きく、B4ファイルが横にすっぽり入る大きさになっています。


 

制作過程

黒のシボ革からパーツを切り出しておきます。トートバッグ業務型は大き目なバッグなので、革の使用面積はかなり大きくなります。パーツを揃えたら年寄りのジャノメミシンで縫い上げます。職業用ミシンなので厚みのある革でもスイスイと縫い上げます。

マチとカバンの縁、持ち手の付け根などはリネン糸でしっかりと手縫いします。


トートバッグ業務型SLが完成しました。

 

仕事の途中で

発送手配の道すがら、少しだけ寄り道します。緑が急に増えてきて初夏のようです。

この投稿をInstagramで見る

fiatrustica(@fiatrustica)がシェアした投稿

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください