紺と黄の長財布2型をつくる その2

Hさんからご依頼の長財布2型の制作をつづけます。
前回までの制作過程はこちら

紺と黄の長財布2型をつくる その1

長財布2型とは?

カードが6枚に、お札入が3か所、大き目のコインケース一か所のいたってシンプルな長財布です。コインを入れても広いコインケース内で広がってかさばりません。金具を一切使わず革の特性を利用した蓋でコインが落ちません。


制作過程

紺の革に黄色革のパーツを縫い付けていきます。まずはコインポケットからです。側面を手縫いして、平べったいうちにコバ磨きしておきます。

次はコインポケットのかぶせ蓋とマチを一緒に縫います。くるりと革を曲げて金具の無いコインポケットが完成しました。残すところはカード挿し部分の縫い付けのみとなりました。

3方を手縫いで組み上げていきます。

すべてのパーツが縫いあがりました。形としてはもう長財布ですね。最終のコバ仕上げをしたら完成となります。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください