歩くためのサンダル。ワラーチ3をつくる

 

page

 

先週末土曜日日曜日と仕事を一旦お休みしまして、1年ぶりに浜名湖に行ってまいりました。2008年から毎年開催される、フィアットパンダのお祭りに参加するためです。わたしも第1回から、実行委員の一人として今回第9回のパンダリーノまで毎年休むことなく参加しております。
今年も舎用車の空冷パンダ『トレンタくん』は文句も言わず往復600kmを元気に走破してくれました。普段はめったに見かけないパンダも、この日ばかりは沢山あつまります。

 

パンダ沢山

@fiatrusticaが投稿した写真 –

 

さあ、ワラーチ作ろう

楽しい時間もあっという間に過ぎて、月曜日から仕事開始!月曜日はウェブの方のお仕事をみっちりやって、火曜日はワラーチづくりです。大きな半裁特厚の栃木レザーに、ワラーチの型紙で足形をつけていきます。こうして見ると壮観ですね。
_1750537_1

 

間を随分端折ってしまいましたが、鼻緒を付けて2層に貼り合わせた後で足の形に革包丁でカットしていきます。よく、型抜きしたら楽なんじゃないの?と言われるんですが、綺麗に型抜きした革を『綺麗に』ピッタリに貼りあわせる方が難しくて、結局これが一番きれいで速くできます。
_1750547_1

 

革包丁で抜いたばかりのワラーチをご覧ください。どうです?この曲線。切り口もばっちりエッジがたって垂直で惚れ惚れしますね。これも綺麗に研いで切れ味抜群の革包丁の賜物です。
_1750549_1

 

抜いたワラーチはヘリを落としてから表面のベロアを起毛させてふんわりした感触に仕上げていきます。今年から発売開始したビブラム底の場合、裏面のビブラムもヘリを落として整えます。
_1750554_1

 

打刻して本体が完成しました。まあ、打刻したところですぐに消えてしまいますが…
_1750556_1

 

牛革紐を結びつけてワラーチ3の完成です。
_1750560_1

 

 

この商品は購入いただけます。

 

おまけ
ワラーチのセッティング編

 

こんな記事も読まれています。

  • ☁ワラーチ5型☁ワラーチ5型 くも舎のワラーチが新しくなりました。足をしっかりホールドして『歩く』機能は残しつつ、靴下でも履ける手軽さを追求しました。ワラーチを履いて大 […]
  • 2021年春 ワラーチが帰ってきます2021年春 ワラーチが帰ってきます   2018年を最後に製造をストップしていた、歩くためのワラーチを2021年復活させることになりました。ただ、そのままの仕様で […]
  • ワラーチ3をつくっています   梅雨明けでしょうか?昨日から天気予報では今年の最高気温に達するとの事。予報通り35度以上の夏日になりました。6月でこれです […]
  • ワラーチ3とフィアットパンダキーレスカバーをつくる   本格的に梅雨入りですかね。今週は履き物ばかりの制作週でした。まだまだ夏まで続きそうです。 さて、最初はワラーチのお話から […]
  • ワラーチ3をつくる   週末のイベント出店で少々体調を崩し、ブログを書く時間も無くすっかり間が空いてしまいました。書きたいこと沢山溜まっております […]
  • ワラーチ3をつくる   今週の履き物制作はまだまだ続いております。今回はワラーチ3の制作となりました。   歩くためのサンダル。 […]
  • ワラーチ3をつくる     今日はお二人のIさんよりご依頼いただいたワラーチ3の制作をいたしましたのでレポートです。今年最後のワラ […]
  • ワラーチ3をつくる     7月も後半に突入し、ペースアップして制作を続けます。 ワラーチ3に取り掛かります。 歩くための […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください