青ひげ改とワラーチづくり

page

雨やんだ!

今日も相変わらずの雨。まあ、梅雨らしいと言ったらそうなのですが、舎用車パンダのトレンタくんが不在の今、唯一の救いがベスパ。市役所や郵便局に行くのにベスパ乗っていきたいなと思っていたら、雨が止んでいました。久々のベスパはやっぱり気持ちがいいですね。

梅雨の合間。市役所寄って荒川へ。

@fiatrusticaが投稿した写真 –

青ひげやらワラーチやらをひたすら作る

先週から徐々にペースを上げながら青ひげ改やワラーチの制作を行っております。このブログがアップされる前に届いているものもあるかもしれません。みっちり作業していると、ブログを書く気力まで残っていないため、まとめてご報告いたします。

で、登場したのは青ひげです。箱から出したばかりでピカピカの新品です。
_1760112_1

ベロのループとかかとのパーツを手作業で縫い付けます。今回は生成りが2足。白いラミー糸でしっかりと手縫いしています。


お次はワラーチです。
特厚の床革に足型を当てて印をつけてカットします。
_1760144_1

貼りあわせの時間などタイミング勝負なので写真が撮れていませんが、鼻緒を付けて上のパーツと底のパーツが一体になった状態です。
_1760130_1

何度も言っていますが、くも舎のワラーチはすべて手作業でくり抜いています。曲線をカットするにはかなりの力がいります。

綺麗にくり抜けたら、角をヘリ落としで落として、側面のコバ(革の断面)を整えていきます。これらもすべて手作業で進めていきます。機械でやったら早いんでしょうけど、結局メンテナンスに時間がかかりそうなので…
_1760136_1

ワラーチ本体の革を起毛させて肌触り良く仕上げれば、後は紐を通すだけになります。
_1760145_1

なぜだか去年と違って紐色を『墨色』にする方が今年は多い気がします。なぜでしょうかね?

この商品は購入いただけます。


おまけ
ワラーチのセッティング編

こんな記事も読まれています。

  • 青ひげ改とワラーチ墨ベタをつくる 先日の災難があってから、制作が進まずご迷惑をおかけしております。遅れている納期に間に合わせるべく急ピッチで制作しております […]
  • 真っ黒いワラーチ墨ベタをつくる真っ黒いワラーチ墨ベタをつくる 今日はSさんからご依頼いただいたワラーチ墨ベタを制作しました。ワラーチ墨ベタは以前限定販売していた真っ黒なワラーチです。 ちなみに、 […]
  • 生成りのワラーチビブラム底をつくる生成りのワラーチビブラム底をつくる Sさん、Hさん、Mさんからご依頼のワラーチ5型とワラーチクラシックの制作を進めました。 ワラーチ5型とは? メキシコ山岳部のタ […]
  • こげ茶のワラーチと青ひげ改をつくるこげ茶のワラーチと青ひげ改をつくる 今日はIさんからご依頼のワラーチ5型とYさん、Kさんからご依頼の青ひげ改の制作を進めました。 ワラーチ5型とは? メキ […]
  • こげ茶と生成りのワラーチをつくるこげ茶と生成りのワラーチをつくる すこし間が空いてしまいましたが、Kさんからご依頼のワラーチ5型とワラーチクラシックの制作を進めました。 ワラーチ5型とは? […]
  • ☁ワラーチ5型☁ワラーチ5型 くも舎のワラーチが新しくなりました。足をしっかりホールドして『歩く』機能は残しつつ、靴下でも履ける手軽さを追求しました。ワラーチを履いて大 […]
  • 2021年春 ワラーチが帰ってきます2021年春 ワラーチが帰ってきます 2018年を最後に製造をストップしていた、歩くためのワラーチを2021年復活させることになりました。ただ、そのままの仕様での復活ではな […]
  • ワラーチ3をつくっています 梅雨明けでしょうか?昨日から天気予報では今年の最高気温に達するとの事。予報通り35度以上の夏日になりました。6月でこれですよ。毎年の事 […]

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください