kumosha hand stitched leather document bag A3

生成りの棒付き手さげカバンが完成しました

 

先日から制作していたIさんの棒付き手さげカバンが完成しました。
これまでの制作過程はこちらへどうぞ



 

カバンの仕上げ

革の合わせ目を革包丁で均して、ヘリ落としでシュルシュルと革の断面を丸め、やすり掛けとヘチマ磨きを繰り返しながら仕上げていきます。

 

カバンが完成しました


家具などに使われるチーク材の持手と植物タンニン鞣しのヌメ革、ラミー糸で手縫いした棒付きの手さげカバンです。


しっかりと自立して、棒を開けばカバンの中にアクセスできます。持手の棒は取替口から交換可能です。

カバンはA3横サイズがすっぽりと入ります。


重さは920gになりました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください