紺の耳つき肩かけカバンの手縫いをしています

 

昨日から引き続き。Mさんからご依頼の濃紺のブッテーロでつくる耳つき肩かけカバンの制作です。

 

耳つきカバンとは?

くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。


【くも舎】耳つき肩かけカバン
  耳つき肩かけカバン 43,200円(税込・送料別)   商品について 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長...

 

本体パーツのコバ磨き

パーツ類のコバ(革の断面)を手磨きしています。必要なところは床(革の裏面)もガラス板で磨いておきます。

耳つきカバンの名前の由来である『耳』から先に制作します。ベルトをぐるっと曲げて耳のようにしています。

目打ちの準備が整っているので、側面の耳と本体の革パーツを手縫いで立体的に仕上げていきます。使用する糸はワックス済みのリネン糸。強さも美しさも滑りも全てが高い品質の糸です。もちろん『リネン』ですので天然の麻糸になります。ブッテーロは厚みも出るとハリがあるため、曲げながら立体的に手縫いするのは非常に手指の力を使います。道具で押さえれば楽なんでしょうが、結局のところ自分の手でやってしまいます。

かぶせ蓋のパーツ類もすべて白のリネン糸で縫い上げれば、あと一息です。明日はコバの仕上げとベルトの制作をすれば完成です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください