kumosha's hand stitched leather travelers notebook cover

生成りのトラベラーズノートカバーをつくる

 

昨夜からおや?と思いましたが、今朝から珍しくエアコン無しでも過ごせる気温になりました。風は強かったですが、空は快晴。なんとなく秋の予感を感じます。
子どもたちは相変わらず夏休みまっただ中。私の方はお盆休みも取れたような取れない様な…。

 

Fさんからご依頼の生成りのトラベラーズノートカバーを制作いたしました。
生成りのミネルバリスシオをカットして、打刻、手縫いのための目打ちを施します。


今回セレクトしたのは白のリネン糸。台湾の六花という蝋引きのリネン糸になります。

青ゴム紐をかければ完成です。


私の個人使用のトラベラーズノートカバーと比較しましょう。同じリスシオの生成りでもこんなに変わります。


 

涼を求めて

受験生を抱える我が家ですが、下の娘は小学生。どこにも行かないのは可哀そうで小旅行へ行ってきました。色々と片付いたら思い切り旅に出たいものです…。

家族全員、白パンダで涼しいところへ避難しました

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください