生成りのカードケース3型をつくる

 

今日はNさんからご依頼の生成りの手縫いカードケース3型制作を行いました。

 

カードケース3型とは?

名刺などのカード入れが3か所のいたってシンプルなカードケースです。


 

生成りヌメ革のカードケース

型紙から生成り革にケガキ線を入れパーツを切り出していきます。生成革は傷や汚れが付きやすいので特に注意が必要です。

パーツ類を切り出したらくも舎のロゴを刻印します。刻印はいつもの手作りプレス機。

可能な限りコバ磨きを済ませて、手縫いのための目打ち穴をあけたら、Nさんご希望の糸色で手縫いを行います。

手縫いして革の合わさった面、コバ(革の断面)を丁寧に磨きます。ヤスリの番手を上げながらヘチマ磨きです。

今日はすべてのパーツを手縫いしたところで終了です。明日仕上げ作業と撮影をしたら完成となります。

つづきはこちら

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください