紺の耳つき手さげカバンをつくる(本体組み上げ)

 

今日も引き続きTさんご依頼の紺の耳付き手さげカバンの制作を進めました。

これまでの制作経緯はこちら



 

耳つき手さげカバンとは?

厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さな手さげカバンです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。


 

マチを縫う

それでは本体の組み上げに進みます。まずは表面の本体と側面のマチを縫っていきます。合間に形を整えながら手縫いします。


片方が縫い上がったら反対側も縫い合わせて箱状に仕上げます。

 

コバ(革の断面)を磨く

カバンが縫い上がりましたので、縫い合わせた断面(コバ)をきれいに整えます。いろいろなやり方があると思いますが、今日は革包丁を使って2枚の革を平らに均します。均したあとはヘリ落としから紙やすりをかけて番手を上げながら滑らかにして、最後はヘチマ磨きでギラギラさせない程度に控えめに艶を出します。この段階ではまだかぶせ蓋が付きませんが、絶妙なバランスで仕上がってきました。



 

かぶせ蓋を縫い付ける

最後の手縫い作業はカバンの蓋です。縫い上がったら完成になります。



検品作業と写真撮影で、耳付き手さげカバン特注サイズの製作は終了になります。

 

つづきはこちらへ

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください