オレンジ色のコインケース2型とワイン色のカメラストラップ2型をつくる

 

昨日からFさんからご依頼いただいたコインケースとカメラストラップの制作に取り掛かっております。コインケースは2型、カメラストラップも2型の制作となります。

 

コインケース2型とは?

小さくてシンプルなコインケースの2型は、かぶせ蓋をパカッと開くとしっかり口が開いて、コインの出し入れがスムーズです。また、小さなポケットがついていて、折りたたんだ紙幣や、切符などの薄い紙ものがはさめるようになっています。

 

制作過程

コインケースはイタリアンハードのオレンジを使用します。型紙からケガキ線を入れて革包丁でカットします。この時点でくも舎のロゴを刻印しておきます。


プリムの挽物ホックを取り付けて、パーツがそろいましたので、六花リネン麻糸の06番白米でステッチしていきます。



すべてのパーツが縫いあがりました。この後はコバ(革の断面)磨きとなります。磨き作業が終わりましたのでコインケースの完成です。


 

お次はワイン色のカメラストラップ2型を作り始めます。

 

カメラストラップ2型とは?

繊維が密で強靭なイタリア産のベルト用革(ブッテーロ)を使用することで、ストラップ自体の幅をスリムに。そして従来の金具による長さ調整ではなく、金具を使用せずに革の特性を利用しつつも強度のある調整法を採用して、カメラを傷つけません。


 

使用するのはイタリアンハードのワインです。こちらもケガキ線を入れてからパーツを切り出します。こちらは六花リネン麻糸の20番藍でステッチします。


 

肩当を縫い終わったところで今日のところは終了となります。

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください