生成りの二つ折財布をつくる

 

すこし時間をさかのぼりますが、Oさんからの特注依頼品『二つ折財布』の制作を行いました。

 

制作過程

イタリアンハードの生成り革を使用して制作します。まずは革の切り出しからスタートです。

パーツひとつひとつのコバ(革の断面)磨きをして、六花リネン糸の山吹色でステッチを入れていきます。カードポケットは左右合計6枚。カードポケット裏にもカードが挿せます。

内側のパーツと外側のパーツを縫い合わせます。

全てのパーツを縫い上げたらコバ磨きをして完成となります。

 

生成りの二つ折財布が完成しました




 

うで輪1型2連もつくる

次はYさんからご依頼いただいた『うで輪』の制作です。

 

うで輪1型とは?

細身のイタリアン・バケッタレザーの革紐を使用したシンプルな腕輪です。色の違う革同士を手縫いでつなぎました。金具を一切使用せず腕に固定します。


 

リスシオのボーネ(生成り)とネロ(黒)の革紐をカットして用意します。厚みは革本来で漉いていない元厚です。それらのパーツを六花リネン糸の黒で手縫いします。



 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください