生成りヴィンテージのカードケース3型をつくる

 

今日はKさんからご依頼いただいた、生成りヴィンテージのカードケースの制作です。

 

カードケース3型とは?

名刺などのカード入れが3か所のいたってシンプルなカードケースです。


 

制作過程

今回ご指定の革はイタリアンハードの生成りヴィンテージになります。ヴィンテージは半年くらい使用した生成り革を再現したもので、色味が薄く飴色がかって銀面(革の表面)の艶も強くなっています。革をカットして刻印を打刻します。

パーツの下準備が完了しました。

六花リネン糸の若草色で手縫いします。


全てのステッチが終了しましたので、最後にコバ(革の断面)磨きで仕上げれば完成となります。

 

生成りヴィンテージのカードケース3型が完成しました

つややかな銀面(革の表面)ですね。





 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください