2021年春 ワラーチが帰ってきます

 

2018年を最後に製造をストップしていた、歩くためのワラーチを2021年復活させることになりました。ただ、そのままの仕様での復活ではなく、数々の改良点を加えてより履きやすく、洗練されたデザインで帰ってきます。そこで販売前で仕様も固まっていない部分もありますが、本日ブログにてお披露目することにしました。

 

新ワラーチができるまで

紐の見直しや紐の通し方など何足も制作しました。久しぶりのワラーチ制作とても楽しい時間でした。そして今年は制作時に発生する粉塵や、有機溶剤から体を守るためのドラフトを設置。今年はワラーチに本気です。

こちらはパラコードを使った黒革バージョンの試作です。ひもの通し方など、だいぶ完成形に近づいてきました。


最終的に納得のいく仕様に仕上がったバージョンです。

 

新しいワラーチは何が変わったのか

ワラーチ(2018)バージョンと新ワラーチ(2021)を並べてみましょう。違いが判りますか?


まず変更点は

1.ひもの素材を変更しました
足への当たり感触と強度や、サイズ調整のしやすさが良い丸紐を採用することになりました。丸紐は表裏が無いためデザイン的にもスッキリします。そして丸紐でも特に気に入ったのは、ロウビキ加工されたコットンコードです。肌触りが非常にソフトで伸びも無く、しっかり足をホールドしてくれます。ひも自体にコシがあるので絡まらず、アーチ形状を保てるのも履きやすさ向上につながりました。

2.結束方法と穴位置を変更しました
従来のワラーチにある前坪を無くし、裸足でも靴下のままでも履くことが可能になりました。これによって場面を選ばず色々なスタイルでワラーチを楽しむことが可能になります。また、かかと周りのひもの通し方を簡略化して、機能性を下げずに、よりシンプルなデザインになりました。

3.ひもの通し方を変更しました
従来のワラーチは靴底に貫通した穴からひもを通していました。そのため靴底が汚れるとひもも汚れたり、地面と擦れて傷ついたりしていましたが、製造工程を見直すことで靴底にひもを出さない構造に改良しました。これによってひもの耐久性が向上し、ひもに適度なテンションがかかって、サイズ調整がやりやすくなりました。

変わらないところ
サンダルの底面はすべてビブラムソール仕様にして耐久性と防水性を高めています。

 

ひもはロウビキコットンの丸紐。左右二枚合わせてコンパクトに持ち運び可能です。

販売開始時期について

2021年2月末に販売を開始する予定です。販売サイトは『くも舎オンラインショップ』『creema』『minne』の3店舗です。
販売商品は

新ワラーチ(仮名) 販売価格:12,100円(税込・送料別)
ワラーチ クラシック 販売価格:12,100円(税込・送料別)

 

こんな記事も読まれています。

  • ☁ワラーチ5型☁ワラーチ5型 くも舎のワラーチが新しくなりました。足をしっかりホールドして『歩く』機能は残しつつ、靴下でも履ける手軽さを追求しました。ワラーチを履いて大 […]
  • ワラーチ3をつくっています   梅雨明けでしょうか?昨日から天気予報では今年の最高気温に達するとの事。予報通り35度以上の夏日になりました。6月でこれです […]
  • ワラーチ3とフィアットパンダキーレスカバーをつくる   本格的に梅雨入りですかね。今週は履き物ばかりの制作週でした。まだまだ夏まで続きそうです。 さて、最初はワラーチのお話から […]
  • ワラーチ3をつくる   週末のイベント出店で少々体調を崩し、ブログを書く時間も無くすっかり間が空いてしまいました。書きたいこと沢山溜まっております […]
  • ワラーチ3をつくる   今週の履き物制作はまだまだ続いております。今回はワラーチ3の制作となりました。   歩くためのサンダル。 […]
  • ワラーチ3をつくる     今日はお二人のIさんよりご依頼いただいたワラーチ3の制作をいたしましたのでレポートです。今年最後のワラ […]
  • ワラーチ3をつくる     7月も後半に突入し、ペースアップして制作を続けます。 ワラーチ3に取り掛かります。 歩くための […]
  • ワラーチ3をつくる     昨日からここ北埼玉はムシムシとした暑さにやられております…。昔学生の時にタイに行った時のような気候 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください