黒と生成りのトートバッグ2型をつくる

Eさんからご依頼いただいた、黒革と生成り革のコンビネーションのトートバッグ2型を制作しています。

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。
[smartslider3 slider=2]

制作過程

まずは持ち手と内ポケットの制作から取り掛かります。どちらも黒革ご希望ですので、イタリアンハードの黒革からパーツを切り出します。

パーツを切り出したらまずは持ち手から手縫いします。仕様糸は六花ロウ引きリネン糸の01黒になります。黒革と黒ステッチの組み合わせです。

まずは1本目の手縫いが終わりました。続けて2本目も縫い上げます。

2本目も縫いあがりました。今のところ縫っただけでコバ磨きは後ほど行います。イタリアンハードはコシとハリのある革です。艶のある持ち手に仕上がりました。

これから内ポケットの制作に取り掛かります。ポケットの大きさは特注となりますので、サイズ感の確認です。パスケース(定期入れ)が入る大きさに作ります。

今日は午後からの制作となりましたので、ここまでです。明日は内ポケットの制作と生成り革での本体パーツの切り出しに取り掛かりたいと思います。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください