生成りビンテージのトートバッグ2型をつくる

 

Mさんからご依頼いただいた、生成りビンテージのトートバッグ2型を制作しています。

 

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

制作過程

生成り革にエイジング加工を施した生成りビンテージを使用して、トートバッグ2型を制作します。型紙からパーツをカットして準備します。


写真ではわかりづらいですが、通常の生成りと比べると色味とツヤ、色むらが違います。半年くらい使用した生成り革を表現しています。

六花リネン糸の03こげ茶で持ち手から制作していきます。


 

これから内ポケットに取り掛かります。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください