黒いトートバッグ2型をつくる その2

Fさんからご依頼いただいた、黒革のトートバッグ2型制作を引き続き行っております。

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。
[smartslider3 slider=2]

制作過程

持手をもう一本縫い上げましたので、持手のコバを磨きます。ヘリ落としとヘチマ磨きで程よく均します。

内ポケットの制作です。本体よりも少し薄く漉いた革でシングルポケットとなります。くも舎の刻印を打刻して手縫いで仕上げます。

トートバッグ本体の制作に取り掛かります。型紙に合わせてケガキ線を入れ、革包丁で切り出していきます。

カバン本体を縫う前に磨けるコバを磨いておきます。手縫い用の目打ちもしておきます。

カバンの側面を二重に手縫いした後、マチを閉じればトートバッグの形が出現します。

持手と内ポケットを同時に縫い付けていきます。

トートバッグ2型の形がほぼ出来上がりました。この後細かいパーツ類を付けて完成となります。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください