コラム

TOMSさんでのワークショップは無事終了しました

    昨日は、横浜のTOMSさんでワークショップをさせて頂きました。無事終わりましたのでレポートです。 いざ横浜へ 今まで横浜には数えるほどしか行ったことがありませんでした。サラリーマン時代に、みな …

Read more

改めて仕事を見つめなおす

  いまここに程よくオイルが薫る革があります。 革の銀面(革の表側)を見て、 ひっくり返して床面を見て、 コバ(革の断面)をじっくり見て、 コバをいつものように磨いてみて、 鼻に近づけて香りを嗅いでいます。 し …

Read more

足あとの消し方―ワラーチ復活法―

    春からオーダーをお受けしている、くも舎の革サンダル「ワラーチ3」。 サンダル本体は栃木レザーの植物タンニンなめしの分厚い床ベロア革で出来ています。それを起毛させてやわらかな履き心地にしています …

Read more

酷使したレッドウィング877ブーツをお手入れしました

  レッドウィング877でハイキング 先週のゴールデンウィークは日光の霧降高原にハイキングに行きました。レッドウィングの877で行くことにしました。ハイキングでなぜワークブーツ?と思うかもしれませんが、もともと …

Read more

旅するルイ・ヴィトンに行ってきました

  先月のお話しになりますが、仕入れなどの用事が入ったため、いつものことながら一日に用事を詰め込んで、ルイ・ヴィトンのエキシビション『空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン Volez Voguez Voy …

Read more

帰ってきたトートバッグ

  革は経年変化していきます。長く使用されることを想定したものづくりをもっと意識しなくてはなりません。 自分への戒めとして、帰ってきたトートバッグ業務型を生き返らせることにしました。 丁度一年前に制作させていた …

Read more

或イタリアンレザーベルトのお話し

  先日サラリーマン時代の友人と久々に会う機会があり、楽しく飲んだ時にふと、革のベルトを見てほしいと袋に入れて渡されました。イタリアの革で作られたベルトとの事だったのですが、ヒビが入ったのでオイルを足してほしい …

Read more
kumosha's work shop at toco.

toco.5周年文化祭に参加しました

  さる10月10日土曜日、銭湯の日に 東京下谷にある築90年の古民家ゲストハウス『toco.』さんにて開催された 5周年文化祭にワークショップとして出展させていただきました。 以前4月にトコ展として参加させて …

Read more

カフェパンダ情報(2015/9/27)

  昔のブログのパスワードを忘れてしまったため、 こちらのブログでの告知となります… もうすぐ秋です。 コーヒーが美味しい季節になりましたね。 カフェパンダ2015年秋に久しぶりに開店です。 伊仏車に限らず、面 …

Read more

片刃の革包丁の効率の良い研ぎ方を考える

  刃物研いでますか? 今回は、包丁とはいっても、革を裁断する際に使用する『革包丁』について、いつも私がやっている研ぎ方ついて書きたいと思います。 刃物の研ぎ方は、道具や技法も様々あります。どれが良いとは言えま …

Read more

新しいヌメ革 コインケース が出来ました

試作のうえ、行き着いたコインケース これまで数回にわたって試作してきたコインケースがようやく完成しました。 くも舎の製品第一号もヌメ革のちいさなコインケースでした。 コインケースも小さい割にとても奥が深くて、 試作を始め …

Read more

コインケースとカードケースの試作

今日は一日曇り空で、久しぶりにクーラーレスでの作業になりました。 暑いところに引っ越したわりに、暑いのが苦手で、クーラーもさらに苦手という厄介者です。 小さいころは喘息もちだったため、人工的な冷気を吸うだけで喘息になって …

Read more

長財布壱型、コインケース箱型、OLIO FIAT カラー

世田谷ものづくり学校でのワークショップ終わりました

雨の 昨日は以前ワークショップなどをやらせていただいた.tocoでお声がけ頂きまして、世田谷ものづくり学校でのワークショップに参加させていただきました。 イベント自体は初めてのものでしたので、去年の写真などから想像するし …

Read more
kumosha hand stitched leather coin case

ワラーチ制作とワークショップ準備など

雨季です。 雨止みのひととき。ここの所、天気が急変してザーッと勢い良く雨が降ったかと思うと、スッとやんだり。田んぼのカエルたちも忙しそうです。雨季なんだなぁ…としみじみしている場合では有りません。相変わらずのワラーチ制作 …

Read more