ヌメ革の長財布をつくっています―今何してる150406

page

紺✕生成り✕灰の長財布

本日よりYさんご依頼の長財布制作にとりかかりました。今日は朝から曇り気味で写真もイマイチ暗めになってしまいましたが御覧ください。

_1580726-001_1_1580732
紺色の表革に、生成りの内革をコンビで組み合わせますので、栃木レザーを型紙にそってカットしていきます。カードポケット部分は厚さ1mmの生成りのヌメ革です。カットした革は裏返して、床面のザラザラしたところに糊とワックスを塗布して硝子板で擦って磨き上げていきます。乾ききる前に擦り始めると、だんだんと革の繊維が潰されてピカピカになります。

_1580739_1
内側のカードポケットのパーツは極薄ですが、丁寧にコバ(切断面)を丸めて、磨き作業を行います。紙やすりで薄く削っては、ワックスを塗ってヘチマで磨くのを繰り返します。

_1580742_1
お札入れのパーツはくも舎のロゴを刻印してからこちらもコバ(切断面)磨きです。これだけでもかなり時間を取ります。

_1580746_1_1580749_1
ポケット類の縫い付けを開始です。力のかかる中央部分の縁には、極薄の豚革を補強兼台座として仕込みます。そして補強した縁は必ず2回ループで縫いあげておきます。

_1580756_1580760_1
ポケット類のパーツが完成したら、紺の表革と縫い合わせていきます。

_1580763_1
約半周して片一方が縫い上がりましたので、今日のところはおしまいです。明日仕上げと撮影をしまして発送する予定です。

 

 

この商品はご購入いただけます

長財布

長財布壱型

くも舎の長財布壱型は、カードが6枚に、お札入が2か所のいたってシンプルな長財布です。厚みはたったの7㎜。しっかりした作りでもかさばりません。薄いパーツを一枚一枚丁寧に切り抜いて、しっかり磨き上げたカード入れが特長です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA