青ひげ改とワラーチづくり

 

page

 

雨やんだ!

今日も相変わらずの雨。まあ、梅雨らしいと言ったらそうなのですが、舎用車パンダのトレンタくんが不在の今、唯一の救いがベスパ。市役所や郵便局に行くのにベスパ乗っていきたいなと思っていたら、雨が止んでいました。久々のベスパはやっぱり気持ちがいいですね。

梅雨の合間。市役所寄って荒川へ。

@fiatrusticaが投稿した写真 –

 

青ひげやらワラーチやらをひたすら作る

先週から徐々にペースを上げながら青ひげ改やワラーチの制作を行っております。このブログがアップされる前に届いているものもあるかもしれません。みっちり作業していると、ブログを書く気力まで残っていないため、まとめてご報告いたします。

で、登場したのは青ひげです。箱から出したばかりでピカピカの新品です。
_1760112_1

 

ベロのループとかかとのパーツを手作業で縫い付けます。今回は生成りが2足。白いラミー糸でしっかりと手縫いしています。


 

お次はワラーチです。
特厚の床革に足型を当てて印をつけてカットします。
_1760144_1

 

貼りあわせの時間などタイミング勝負なので写真が撮れていませんが、鼻緒を付けて上のパーツと底のパーツが一体になった状態です。
_1760130_1

 

何度も言っていますが、くも舎のワラーチはすべて手作業でくり抜いています。曲線をカットするにはかなりの力がいります。

 

綺麗にくり抜けたら、角をヘリ落としで落として、側面のコバ(革の断面)を整えていきます。これらもすべて手作業で進めていきます。機械でやったら早いんでしょうけど、結局メンテナンスに時間がかかりそうなので…
_1760136_1

 

ワラーチ本体の革を起毛させて肌触り良く仕上げれば、後は紐を通すだけになります。
_1760145_1

 

なぜだか去年と違って紐色を『墨色』にする方が今年は多い気がします。なぜでしょうかね?

 

この商品は購入いただけます。

【くも舎】歩くためのサンダル。ワラーチ3
  メキシコ山岳部のタラウマラ族は古タイヤと革ひもだけで作ったサンダル、ワラーチで山道を何時間も走り続ける『走る民族』だそうです。 このワラーチを、普段街中を『歩くためのサンダル』に特化させて、丁寧...

【くも舎】青ひげ改
  永遠の定番スニーカー『青ひげ』。真っ白いキャンバスに紺のライン、かかとには青ひげ。この完璧なスニーカーには弱点があります。   弱点1.かかと、かかとの内側が破れやすい 弱点2...

 

おまけ
ワラーチのセッティング編

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは、Squarepusher の 『Hard Normal Daddy』でした。作業スピードを上げるためのBGMとしては最高です!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA