真鍮で小さな刻印を自作する

 

page

 

今日は久々の曇りです。曇りでさえ嬉しいのに、時々晴れ間が見えてくると、ベスパで外に出たくなってしまいます。
そんな中、今日は再び真鍮ブロックから自分で刻印をつくることにしました。理由としては、新しい商品でどうしても小さ目の刻印が必要だったからです。
くも舎創業時の刻印づくりを思い出しますね。

結局、刻印を真鍮で自作しました―真鍮ブロックから刻印をつくる―
ポプラで作った刻印でやってこうと思いつつ、ああ、焼印もできる真鍮で作ればよかったかなぁ…と。結局真鍮ブロックを取り寄せて自分で刻印制作の再チャレンジです。 刻印自作には真鍮がベスト? 黄銅(おうどう、...

 

早速真鍮のブロックを用意します。適当なサイズが無かったので少し横長ですが、まあこんなものでしょう。
_1780525_1

万力に挟み込んで、どんどんヤスリで削っていきます。固定が凄く大事です。木工用のやすりでは削れませんので、金属用のやすりでやりましょう。
_1780527_1

刻印にしたい形を確認しながら丁寧に削っていきます。削るときはくれぐれも金切粉を口で吹かずに手で払いましょう。眼の中に入ってしまうと大変です。
_1780529_1

刻印が完成しました!試しに従来のものと確認してみます。最終的に雲の中の文字を省略し、くもの上空を飛んでいる鳥は三角形に単純化しました。これがなかなか細かくて大変でした…
_1780536_1

『真鍮ブロックから自分で刻印をつくる』無事終了しました!
_1780540_1

 

連日の雨で走らせてやれなかったベスパをちょっと連れ出して、届け物のお仕事。
久々のベスパで本当に気持ちよく走りました。
段々涼しくなってきました。舎用車のパンダ30早く帰ってきてくれ~

久々ベスパ。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)が投稿した写真 –

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA