ヌメ革のトートバッグの持手を縫う

 

page

今日はKさんからご依頼のトートバッグ弐型の制作にかかりました。持手の制作から始めましょう。赤い栃木レザーのヌメ革をカットして持手の準備です。
1-_1700122_1

 

持手を縫う前にワックスを塗布して、作業中の汚れやシミなどを防ぎます。これから筒状にきっちり縫い上げていくので、革の表面にオイルを浸透させることで柔らかくさせる目的もあります。
1-_1700127_1

 

細いベルトを縦に二つ折りして、目打ちの穴、一目一目を白いラミー糸で縫い上げていきます。馬にかけてしっかりと糸を引きながら形作ります。
1-_1700131_1

 

持手が2本縫い上がりました。明日は持手のコバ(革の断面)仕上げと内ポケットの制作を行います。
1-_1700148_1

 

この商品は購入いただけます

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください