黒い棒つき手さげカバンの制作を開始しました

 

耳つきカバンの制作が終わりまして、すぐにWさんからご依頼の黒い棒つき手さげカバンの制作を開始します。

 

棒つき手さげカバンA3とは?

厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなハンドバッグです。持手は家具などにも使用されるチークの無垢材を使用しています。A3サイズの書類などがすっぽりと入ります。無駄な飾りの無い素朴なハンドバッグです。


 

黒のブッテーロをカットする

今回はいつもの生成りではなく、黒のブッテーロを使用します。全てのパーツは型紙からケガキ線を入れて、革包丁を使用して手作業でカットします。チークの丸棒も表面を軽くやすり掛けしておきます。

まず最初は内仕切りから制作開始です。くも舎のロゴを刻印して黒のリネン糸で手縫いします。

仕切り板が出来上がりましたのでコバを磨きます。コバ磨きはいつもの鉋掛け、ヘリ落とし、やすり掛け、ヘチマ磨きです。ブッテーロはコシのある革ですので、コバ磨きをすると綺麗に仕上がりますので、非常に磨き甲斐のある革です。

今日はここまでです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください