kumosha leather document case A3

黒い棒つき手さげカバンが完成しました

 

昨日完成したWさんの棒つき手さげカバンが完成しました。
これまでの制作過程はこちらからどうぞ



 

棒つき手さげカバンA3とは?

厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなハンドバッグです。持手は家具などにも使用されるチークの無垢材を使用しています。A3サイズの書類などがすっぽりと入ります。無駄な飾りの無い素朴なハンドバッグです。


 

早速写真撮影です

完成したら恒例の写真撮影です。毎度定番のカメラとのツーショットです。前回生成りの棒つき手さげカバンの時と同様、プラウベルマキナ67を引っ張り出しました。大きなマキナもこのカバンと一緒だと小さく見えます。今回は黒のブッテーロで作ったカバンなので、同じく黒塗りのマキナが良く似合います。

持手は今回チーク材を使いましたが、お好みでもう少し濃いめの黒檀(エボニー)とか紫檀(ローズウッド)なんかのφ12㎜の棒材と取り換えても面白そうです。


持手の端、こちらから持手の交換が可能です。


ベルトを外せば大きくカバンが開きます。コシのある革ですので、自立させたまま書類などを出し入れすることが可能です。


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください