キャメルの耳つき肩かけカバンが完成しました

 

Yさんの耳つき肩かけカバンが完成いたしました。
前回までの制作過程はこちら


 

耳つき肩かけカバンとは?

くも舎の耳つき肩かけカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグになります。


 

仕上げの作業

最後の仕上げを行います。メインのベルトを縫い付けまして、本体は完成しましたので、残すところは肩かけ、手さげのベルト類になります。


ベルトのコバを磨き穴あけと手縫いを施します。使用するのはもちろん、六花リネン麻糸のこげ茶です。

 

耳つき肩かけカバンが完成しました




 

春はもうすぐです

2月も真ん中を過ぎてそろそろ梅が咲いてきました。革のお仕事もありますが、園芸部も土日は休みなく大忙しです。そのまま春に突入しそうです。

View this post on Instagram

娘が梅、紅梅、蠟梅と三色でミニ生け花を作ってくれました。間も無く庭に緑が溢れることでしょう。それまでにやる事は沢山あります。

Kumoshaさん(@kumosha_official)がシェアした投稿 –

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください