生成りのカメラストラップ3型をつくる

 

今日はIさんからご依頼頂いた生成りのカメラストラップ3型の制作を進めました。

 

カメラストラップ3型とは?

カメラストラップとカメラコネクター2個のスターターキットです。繊維が密なベルト用の革を使用しストラップ幅をスリムに。様々なタイプのカメラに取り付け可能なコネクターにより、カメラとストラップを簡単に分離することが可能です。

 

小さいパーツの連続

生成りのブッテーロから1メートルの長いベルトと、細々とした小さなパーツを切り出します。くも舎の制作物では一番細かい作業が必要な製品かもしれません。ご指定の薄茶の六花リネン麻糸でステッチを入れていきます。カメラストラップに関しましては、使われ方を考慮してコバ磨きは空みがきに抑えます。あまりコバを整えすぎても、撮影で革の屈伸が多くてすぐにひび割れたりします。使い始めはコバや床面(革の裏側)にやや毛羽立ちが出ますが、使い込むことによって自然と落ち着いて来ます。
カメラストラップ3型の特徴であるコネクター部は、紐とリングを挟み込む構造のため、厚みが出ないように削り出しを行っています。本当に小さなパーツなのでなかなか骨が折れます。



 

生成りのカメラストラップが完成しました


 

アンナ

映画「アンナ デジタルリマスター版」予告編 from Mermaid Films on Vimeo.

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください