生成りのスパークプラグケースをつくる

Tさんからご依頼頂いたスパークプラグケースツインの制作を行いました。

スパークプラグケースとは?

車やバイクでの長旅のお供に。スペアのスパークプラグという安心を。くも舎の舎用車用に作ったプラグケースが案外良くできたので商品化したプラグケースです。作りはいたってシンプル。スパークプラグと接触する金具などは一切使用せず、革と糸だけで出来たケースです。適度な厚みと柔らかさを持ち、スパークプラグの大切な電極部分とターミナル部分を衝撃から守ります。

制作過程

ご指定の革は生成りになります。ご指定のプラグはハーレーダビッドソン用の5R6Aという事で、このプラグサイズに合わせて制作します。手前が5R6Aで、奥が6R12です。ずいぶん太さが違います。

型紙から革をカットして穴あけと目打ちを施しておきます。今回使用するのは六花リネン糸の白になります。

手縫いが終わったらコバ磨きをして完成となります。プラグが入るかきちんと検品して問題無いか確認します。

 

スパークプラグケースツインが完成しました

スパークプラグケースツインの使いかた

シングル用の画像となりますが、プラグケースの使い方です。ターミナル部を先に挿しこんで、スライドさせながら電極部を入れます。

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください