足あとの消し方―ワラーチ復活法―

 

page

 

春からオーダーをお受けしている、くも舎の革サンダル「ワラーチ3」。
サンダル本体は栃木レザーの植物タンニンなめしの分厚い床ベロア革で出来ています。それを起毛させてやわらかな履き心地にしていますが、無染色の生成りの革は裸足で履くとどうしても足形がついてきます。
個人的には全く気にならないですが、気になる方のために簡単にワラーチについた足形を消す方法をお知らせします。

足形がついたワラーチ3

ちょっと見た目があれですが、半年普通に使用したワラーチ3です。足の形が出てますね。土踏まずしっかり浮いてますね。これを今から綺麗にします。
02_1

 

鼻緒の部分だけ残して残りの紐をほどきます。
_1750620_1

 

そして取り出したるは、ホームセンターで120円くらいで販売されている錆び落とし用の真鍮ブラシです。柔らかさは指で押してしなる程度の柔らかさです。あまり硬いとふんわり仕上がりませんので要注意。
_1750623_1

 

そして真鍮ブラシでゴシゴシ円を描きながら磨いていきます。ゴシゴシ…
_1750628_1

 

汚れたベロアの起毛が粉になって取れて、下から綺麗な起毛が現れてきます。おお!だいぶ綺麗になりました。
_1750631_1

 

すっかり足あとが消えましたよ

指の方やかかとの方など気の済むまでゴシゴシ磨いてください。するとこれくらい綺麗になります。左が磨き前、右が磨き後。
【注意】真鍮ブラシの毛が抜け落ちている場合があります。真鍮の毛が刺さると痛いですので、磨いた後はよくワラーチを叩いて粉を落としてから目視で確認してください。
01_1

 

ちなみに、1年物のワラーチですと、生成りの床ベロアが日焼けしてうっすら褐色になりますので、足の汚れが目立ちにくくなります。まあ、汚れたとしても真鍮ブラシで磨けばこちらも汚れは取れます。
03_1

 

さらに…
ワラーチ墨ベタなら汚れは全く目立ちませんよ!
huarache3sumi-02

 

それでは良いワラーチライフを!

 

こんな記事も読まれています。

  • ワラーチ3をつくっています   梅雨明けでしょうか?昨日から天気予報では今年の最高気温に達するとの事。予報通り35度以上の夏日になりました。6月でこれです […]
  • ワラーチ3をつくる   週末のイベント出店で少々体調を崩し、ブログを書く時間も無くすっかり間が空いてしまいました。書きたいこと沢山溜まっております […]
  • ワラーチ3とフィアットパンダキーレスカバーをつくる   本格的に梅雨入りですかね。今週は履き物ばかりの制作週でした。まだまだ夏まで続きそうです。 さて、最初はワラーチのお話から […]
  • ワラーチ3をつくる     今日はお二人のIさんよりご依頼いただいたワラーチ3の制作をいたしましたのでレポートです。今年最後のワラ […]
  • ワラーチ3をつくる   今週の履き物制作はまだまだ続いております。今回はワラーチ3の制作となりました。   歩くためのサンダル。 […]
  • ワラーチ3をつくる     昨日からここ北埼玉はムシムシとした暑さにやられております…。昔学生の時にタイに行った時のような気候 […]
  • ワラーチ3をつくる     7月も後半に突入し、ペースアップして制作を続けます。 ワラーチ3に取り掛かります。 歩くための […]
  • ワラーチ3をつくる     昨日は一日曇りとの天気予報でしたので、ここぞとばかりに浅草まで色々と仕入れに行ってきました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください