オレンジ色の手縫いトートバッグ2型をつくる(本体)

 

引き続きOさんのトートバッグ2型の制作を進めております。
これまでの制作経緯はこちら



 

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

トートバッグ本体をつくる

いよいよ本体に取り掛かります。トートバッグ2型は本体が一枚革の為、かなり巨大な面積の革になります。縫い合わせがない分、非常に強度がありますが、革のシワや傷などもどうしても避けようがなく入ってきます。
ただ、これが無いとのっぺりとしたビニールのような素材になってしまうわけで、いわば材木の年輪のようなものと考えて頂ければと思います。ブッテーロの良いところはしっかりとした発色をしつつ、革の風合いもあるところですね。
さて、本体を縫い合わせる前の下準備。コバの磨き上げをしていきます。


コバ磨きと目打ちが終わりました。

トートバッグの側面。二重に入った目打ちの穴にステッチを入れていきます。通常の手縫いと違って立体的にしていきますので、少々難易度が上がります。そしてちょっとだけ時間がかかります。

側面が縫いあがりましたらマチの手縫いです。マチが縫いあがりましたら、次回持手と内ポケットを組み上げれば完成です。


 

 

つづきはこちら

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください