オレンジ色の手縫いトートバッグ2型をつくる(本体)

 

今日も引き続きYさんのオレンジ色のトートバッグ制作を進めます。今日からいよいよ本体の手縫いの開始をします。
これまでの制作経緯はこちら



 

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。

kumosha hand stitched leather tote bag type02
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

本体の手縫い

本体パーツを作業台に広げます。かなり大きなパーツです。マチの部分をカットしました。この平面の革が立体的に仕上がっていきます。

コバ(革の断面)を磨きます。ヘリ落としで角を落として、ヘチマ磨きとヤスリ掛けを繰り返します。フチの床面も磨いておきます。

コバ磨きをすると手袋はこんなにオレンジ色になります。

下準備が完了しましたので早速側面の手縫いに取り掛かります。側面は2重にステッチを入れます。

両側の側面が縫い終わりました。ふんわりと丸くなった本体パーツです。ブッテーロのコシの強さが良くわかります。マチの部分が口の様に開いています。

マチの手縫いをして口をふさぎます。最後に形を整えて本体の手縫いは完了です。

いよいよゴールが見えてきました。次回パーツ同士を組み上げて完成になります。

 

つづきはこちら

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください