生成りの手縫いトートバッグ2型をつくる(内ポケットと本体の手縫い)

 

引き続きOさんからご依頼いただいた、生成りのトートバッグ制作を進めます。

 

これまでの制作過程はこちら

 

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。

kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

持手の仕上げ

前回持手の仕上げをアップしていませんでしたので、滑り込みで。縫い合わせた革同士の側面を均してコバ磨きを済ませました。握って滑からな感触になります。

 

ふた付ダブルポケットの制作

それでは早速トートバッグ2型のオプションである、ふた付ダブルポケットを作っていきます。かぶせ蓋に刻印を入れて、各パーツのコバを仕上げます。


パーツを縫い合わせていきますと、ふた付ダブルポケットの形ができあがっていきます。


 

トートバッグ本体の制作

それではトートバッグ本体部分を進めていきます。型紙から大きく抜き出した生成り革に、手縫いのための目打ちを施しておきます。すべての目打ちが終わったら、トートバッグのフチ部分のコバを磨いておきます。

手縫いを始めます。トートバッグ2型の特徴である側面の2重のステッチを施していきます。とりあえず今日のところは両側側面の手縫いで終了です。


 

つづきはこちら

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください