ヌメ革の小さめなトートバッグをつくる

page

まずはパーツづくりから

今日はMさんからご依頼いただきました、トートバッグ弐型小の制作を開始いたしました。トートバッグ弐型は選りすぐった栃木レザーを使用した、総手縫いのトートバッグになります。今回は革の色をキャメルでご指定いただきました。

_1570145_1
まずは持ち手の手縫いから始めます。ベルトのように切り出したヌメ革に手縫い用の穴を開け、ぐるりと半分に丸めて端を合わせて麻のラミー糸で縫い付けていきます。細くて厚い革なので弾力があり、最初のうちは左手でギュッとつぶしながら縫い合わせていきます。ある程度縫いあがったら、ウマにかけて両手で丁寧に縫っていきます。かなりの長さを2本縫うのに少々時間が掛かります。

_1570158_1
すべて縫い上がりましたら、コバ(切断面)を革包丁で整えてから、角を落として丸みをつけていきます。手が触れる部分ですのでこれからしっかりと整えます。

_1570160_1
磨きはまだですが、2本とも完成いたしました!

_1570169_1
次はハンカチーフホルダーです。カットした革のコバ(切断面)をヘチマで磨き上げていきます。

_1570174
あっという間にパーツ類完成です。夢中で作ったので内ポケットは写真を撮るのを忘れてしまいました。弐型の小サイズは横幅が狭いので内ポケットはひとつになります。
今日はここまで。

 

 

この商品はご購入いただけます

kumosha_product

トートバッグ弐型

くも舎のトートバッグがより洗練されてリニューアルされました。厚手の栃木レザー一枚革と麻糸だけを手縫いでつくったシンプルで可愛らしいトートバッグです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA