青ひげ改から耳つきカバンへ

 

page

 

梅雨あけちゃいましたかね。北埼玉の猛暑が早速やってまいりました。何でこんなに暑いんでしょうかね。今から30℃越えだと先が思いやられます…。へこたれず頑張らなきゃなりませんね。

 

まずは青ひげ改から

先にOさんの青ひげ改からスタートです。Oさんは同サイズで2色同時にオーダーを頂きました。
_1760226_1

 

紺の革パーツを白のラミー糸で縫い付けていきます。ベロの部分のパーツは、履く際にベロが中に入ってしまうのを防ぐためのパーツです。青ひげを履かれる方はお分かりだと思いますが、切実な問題なのです。
_1760229_1

 

そして踵部分のパーツです。こちらも青ひげの弱点踵内側の破れを防ぎます。スニーカーとして完成度の高い青ひげですが、1年履くとだいたいここが破れてきます。まだまだ履けるのに、ここが破れてしまうと結構みすぼらしくなってしまい、ポイっと捨ててしまう人多いんじゃないでしょうか?・・・勿体ない! これで寿命が延びます。
_1760231_1

 

同じく生成りバージョンもつくりましょう。
_1760233_1

 

踵のパーツを縫い上げたら、内面に折りこんで貼り付け、最後にインソールを嵌めれば完成です。
_1760238_1

 

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】青ひげ改
  永遠の定番スニーカー『青ひげ』。真っ白いキャンバスに紺のライン、かかとには青ひげ。この完璧なスニーカーには弱点があります。   弱点1.かかと、かかとの内側が破れやすい 弱点2...

 

 

赤茶のヌメ革で耳つきカバンをつくる

お次はIさんからのご依頼で、栃木レザーの赤茶で耳つきカバンをつくります。栃木レザーの半裁(牛一頭の半分)の革から、ベルト部分と各パーツを切り出していきます。
_1760243_1
_1760248_1

 

各パーツをすべて切り出して整えてから、革の表面に軽くワックスを付けて作業中の染み、汚れなどを防ぎます。
_1760251_1

 

パーツにロゴを打刻したら、コバ(革の断面)を荒仕上げしておきました。今日のところはここまでです。
_1760255_1

 

 

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  【商品について】 くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついています...

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは、Gretchen Parlato の『The Lost and Found』です。ここのところ女性ボーカルに癒されて、反動で電子音楽に癒されて、と行ったり来たりして定まりませんね。それにしてもこのアルバム良いです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA