紺とコニャックの長財布2型をつくる

 

本日よりTさんからご依頼の長財布2型の制作を開始しました。

 

長財布2型とは?

カードが6枚に、お札入が3か所、大き目のコインケース一か所のいたってシンプルな長財布です。コインを入れても広いコインケース内で広がってかさばりません。金具を一切使わず革の特性を利用した蓋でコインが落ちません。



 

紺とコニャック革を切り出す

紺(ネイビー)とコニャックの革より型紙からケガキ線を入れてパーツを切り出していきます。切り出したパーツはロゴの打刻とコバ磨きで、手縫いの前の下準備をしっかりやっておきます。


 

六花リネン糸の紺でステッチ

あまり目立たないステッチをご希望との事で、紺のステッチを施します。使用したのはロウ引き済みの六花リネン麻糸です。

パーツ類を仮組してみます。良い感じです。

メインのコインケースパーツを手縫いしてからコバ磨きを施します。カード挿しのパーツを仮置きして最終チェック。

カード挿しパーツを本体に縫い付けていきます。

全てのパーツが縫いあがりました。あとは全体のコバ磨きと各部の調整で完成になります。

今日のところはここまでにします。

 

つづきはこちら

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください