手縫いでワイン色の耳つきカバンをつくる

 

page

今日からKさんの耳つきカバン制作に取り掛からせていただきました。早速今何してるかレポートします。

ワイン×白の耳つきカバン

まずはワインレッドの栃木レザーをカットします。今日も研ぎたてで切れ味抜群の革包丁です。刃がスッと革に入っていきます。すべてのパーツをカットして切り出します。

 

カットしたパーツのコバ(革の断面)を磨きます。厚みがありますので、ヘリ落としで角を落としてから、やすり掛けとヘチマ磨きで滑らかに整えていきます。どんな小さいパーツでもしっかりと手で磨いていきます。
1-_1670822_1

 

必要な部分のコバ磨きが終わったら、まずは耳つきカバンの『耳』から縫い付けスタートです。目打ちで穴を開けてクルリと革のベルトを丸めながら手縫いしていきます。糸は白のラミー糸を使用しています。
1-_1670825_1

 

しっかりと縫い上がりました。ワインレッドに白いステッチがなかなかいい感じです。完成が楽しみになります。
1-_1670827_1

 

両側の耳が完成しましたので、明日はいよいよ本体への縫い付けを開始します。
1-_1670831_1

 

この商品はご注文いただけます。

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  【商品について】 くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついています...

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA